ゲームの仕事には何がある?ゲームクリエーターへの夢をかなえよう

HOME>オススメ情報>あなたもできる!専門学校で学んでゲームの仕事に就きましょう!

ゲームの仕事を学ぼう

ゲーム制作の現場では様々なセクションが存在します。中でも一番の屋台骨となるゲームクリエーターの仕事がなければ歯車は動きません。

ゲームクリエーターになるためには

ゲームメーカーに就職する

一番の近道がこれですが、大手になるほど経験やスキルが求められるので、大学や専門学校などで学ぶことが優先順位です。

専門学校でゲーム制作について学ぶ

専門学科がある専門学校に入学し1年~3年ほど学ぶと業界で即戦力として働けます。

ゲーム制作コンペへ積極的に応募する

プランニングやシナリオなどを募るコンペティションへ積極的に応募して実績を作ることも大切です。

どの道に進むか考えよう

プランニングやサウンド制作、グラフィックなど進むべき道を考えることも大切です。

公的検定も積極的に受けよう

CG検定や、C言語、プログラミングなど情報技術に関する資格や画像処理検定等は積極的に取得しよう。

専門知識を学べる

コントローラー

ゲーム業界へ就職しようとしても、未経験で飛び込むのは難しいです。専門学校も今はたくさんありますので、業界で活躍できるような基礎知識や様々な技術を身に付けることができるのが学校に通う最大の利点と言ってもいいでしょう。学科も数多くあり、自分がどんな分野で働きたいのかも見据えて選ぶことで、在学中も濃い時間を過ごすことができます。プロの講師に直接学ぶことも出来ますので、現場で生かせるような技術を吸収できます。

選択肢が広がる

授業

ゲームに関する仕事をするのであれば、専門学校で学ぶというのは重要なことです。知識や技術を身に付けるだけではなくて、卒業後の就職先に関しても一般の学校から探すより、専門学校の方が幅広く選ぶことができます。相談する際もゲームに関する知識を持った先生たちに相談することができますから、どんな風に就職活動をしていけばいいのかなどの不安を払拭しながら、自分のイメージする就職先を見つけてアプローチすることが可能です。

夢までの最短距離

勉強

自身でゲーム業界への就職をしようとしても、手段が分からず迷ってしまって長い時間がかかるのは良くあることです。専門学校であれば、正しく必要な基礎知識や技術を身に付けた上で、幅広い就職先を紹介してもらえます。

広告募集中